栽培セット、インドアグリーンで暮らしの中で植物を育てる楽しみを提案。

 水草

 緑色の草体が美しい水草。育てやすく手入れなどの
 手間がかからないので初心者にもおすすめ。

 ■発芽適温:22〜26℃
 ■種まき :3〜10月
 ■栽培水温:20〜28℃
 ※気温が低い時期の種まきは、暖かい室内で発芽温度を確保して下さい。
 ■発芽日数:3〜5日以上
     栽培ポイント

 1:始めに鉢土を湿らせておきます。種は重ならないように全体的にバラまきし、
   霧吹きなどでやさしく湿らせ、種と土を密着させます。
   土の表面が乾かない様にラップなどを軽く被せ、直射日光の当たらない
   栽培に適した明るい場所で管理して下さい。ラップは「水を張る」行程の時期まで
   被せ続けて下さい。
   ※気温が低い時期に育てたい方は、暖房の効いたお部屋に設置するか飼育用の
   パネルヒーターをガラス鉢の下に敷いて暖めて下さい。

 2:発芽しはじめてからも土の表面が乾かないように霧吹きなどでやさしく水やりして下さい。
   ※水はまだ張らないで下さい。小さな苗はしっかり根を張っていないため、抜けてしまいます。

 3:水道水を半日ほど汲み置きしてから使用します。
   20〜30日ほど経って、全体的に本葉になるまで生長し、側面を見てしっかりと根が
   張っているのを確認できたらラップを外し、ガラス鉢に水を注ぎます。
   割り箸などを利用して、水がガラスの側面を伝うようにしてゆっくりと注いで下さい。
   土の表面に直接水を注ぐと、水流で苗が抜けてしまいます。
   水を張った後も直射日光が当たらない明るい場所に置いて下さい。

 4:ガラス鉢内を美しく保つために1週間に1度水換えをします。
   流し台などにガラス鉢を置き、半日ほど汲み置きした水をやさしく
   注ぎ足すように注ぎます。そのままゆっくりと溢れさせて、全体の半分程度の
   水を交換して下さい。草丈が60cmを超えたら摘心します。
   肥料は生長に合わせて追肥します。

   ※水草は寒さに弱い植物です。寒い季節はできるだけ水温20℃以上を保つようにして下さい。
   暖房の効いたお部屋に置いたり、ガラス鉢の下に飼育用のパネルヒーターを敷いて暖めて下さい。





 ※種や土などをお子様やペットが誤って口にいれないよう、取り扱いには十分気を付けて下さい。
 ※種を食用・飼料用に使用しないで下さい。
 ※気象条件・地域・標高など栽培環境により生長具合や栽培結果は異なります。
 ※栽培時期はあくまでも目安です。適温での種まき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。
 ※種まきは冬期を避け、管理しやすい時期を選んで下さい。
   (発芽室温・栽培水温に達しない場合は発芽しなかったり、生長不良になる場合があります。)
 ※栽培を始めるまでは直射日光・高温・湿気を避け、涼しい所で保管して下さい。


                       ■お花とその他の植物を育てるPoint TOP