ピンクの花咲く四季なりいちご




  • この品種は淡いピンクの花を咲かせるF1の四季なりいちごです。
    可愛らしい花が次々に咲き、観賞用として楽しめる期間が長いのが特長です。
    果実の大きさは2〜3cmと中粒です。
  • ■発芽適温:20〜25℃
    ■種まき :春まき(3〜6月) 秋まき(9〜11月)
    ■栽培適温:15〜25℃
    ■発芽日数:7〜14日
    ■収穫目安:約半年



  • 栽培ポイント

  • 1:種は発芽しやすくなるように、高分子ゼリー加工を施した後、乾燥保存させているのでそのまま種をまかないで下さい。
    水で戻してから使用します。
    始めに種を水で戻す為のコップ等を用意して下さい。
    水道水を入れ乾燥状態のいちごの種を全て水に入れます。
    6時間ほど放置して、しわが無く8mmくらいのゼリー状の球体になったら準備完了です。
    ※膨らみが足りない場合は再度新鮮な水に浸けて下さい。
  • 2:鉢土を湿らせておき、種を植え付けます。
    種と種の間をあけて、少しくぼみを作り半分埋まる程度に種をまき、土を少しだけかぶせます。
    ※種まき時期や場所によって発芽に日数がかかる場合があります。
  • 3:発芽するまでは、土の表面を乾かさないようにして直射日光を避け、栽培に適した明るい場所で管理して下さい。
    ※土の乾燥を防ぐために、ラップ等を軽くかけておくと発芽しやすくなります。
    発芽後は直ぐにラップを外して下さい。
    ※発芽前と生育初期の水やりは水流で種が流れないようにやさしく行って下さい。
    水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
  • 4:発芽後の育て方
    ・間引き
    本葉4〜5枚頃までに丈夫な苗を1本残し、間引きします。
    ・追肥
    種まきから4〜5ヶ月経ったら肥料を施して下さい。
    ・摘芯
    ランナー(つる)が伸びてきたらこまめに切って取り除きます。
    ・受粉
    花が咲き始めたら、筆や綿棒等で円を描く様に花房を撫でて受粉させます。
    受粉が上手くいかないと奇形のいちごができる場合があります。
    ・収穫
    実が赤く色づいたら収穫します。



  • ※種や土などをお子様やペットが誤って口にいれないよう、取り扱いには十分気を付けて下さい。
    ※種を食用・飼料用に使用しないで下さい。
    ※気象条件・地域・標高など栽培環境により生長具合や栽培結果は異なります。
    ※栽培時期はあくまでも目安です。適温での種まき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。
    ※種まきは真夏・真冬を避け、管理しやすい時期を選んで下さい。
    (発芽・栽培適温に達しない場合は発芽しなかったり、生長不良になる場合があります。)
    ※栽培を始めるまでは直射日光・高温・湿気を避け、涼しい所で保管して下さい。
    ※植物の生長には日光が必要です。ベランダや窓際など、日光の当たる場所で栽培して下さい。

  • 育て方一覧に戻る